室町期、農民は自立していた

農民が武器を捨てたのは刀狩から

農民は武士の言いなりで何の抵抗もできず、本当に困ったら、最後の最後で、やけっぱちの一揆。手にしている武器は、竹やり、くわ、すき。個人で武士にかなうはずなく、数を恃むしかない。農民については、こんなイメージでこれまで歴史が語られてきました。

けれど歴史研究により、特に室町期の農民について、大きく修正されることになりました。農民は刀を持ち、徒党を組み、武士に抵抗。権利意識も強く、自らの利益を守るために実力行使も辞さない。農民の武力を前に、戦国大名も震えあがりました。実際、上杉謙信、織田信長、徳川家康、こういった武将も農民一揆には、ほとほと手を焼いたわけです。

豊臣秀吉が権力を握り、最初に実施した政策が、検地と刀狩。世の中が見えていた秀吉。日本を平定した後、次にすべきは土地測量と一揆防止。そのためには農民から武器を取り上げねばならない。刀狩が行われ、農民は武器を奪われました。

平和により、農民は無力に

徳川期、国内に目立った戦乱もなく、平和な世が続きました。無力にされた農民は、士農工商に押し込められ、土地に縛りつけられました。江戸前期、一揆が起きなかったとはいうものの、物理的にできなかったという方が正解でしょう。江戸後期、食い詰めた農民一揆が大規模に発生しましたが、あの一揆こそ、私たちが今まで教えられてきた、惨めな農民の姿。

こう見てくると、室町一揆と江戸一揆は区別する必要がありそうです。室町期、身分は固定されておらず、武器所有も禁止されず、農民には一定の力がありました。大名、武士とてその武力を侮れず、だから善政をしき、農民に支持されるよう努めねばなりませんでした。小田原北条も四公六民の軽い税ですませたからこそ、百年、続いたわけです。

日本人のメンタリティ

喧嘩両成敗

室町期、武士も農民も狂暴で喧嘩早く、訴訟も多発。そのような風土から「喧嘩両成敗」という手法が生まれました。争いが起きるということは双方に非があり、双方を平等に罰しますよということ。この喧嘩両成敗、室町幕府も江戸幕府も眉ひそめ、撲滅しようとしましたが、できませんでした。自分の争いは自分で解決したい、目には目を、歯には歯を、は日本人にはフィットする原則だったのです。

喧嘩両成敗が消滅し、争いを自力救済せず、お上の判断に委ねようという考えが世に定着したのは、江戸後期から。これを「近代」と呼んでもいいでしょう。

日本人は柔和?

日本人は互いの視線を気にし、暴力には訴えず、和を重んじるという固定観念。ひょっとしたら、このイメージは近世、農民が去勢されるにつれ、発生したものではないでしょうか? 中世、日本人はもっと大らかに、人目を気にせず生きていたのであり、日本人のメンタリティの源泉は、むしろそこにあるのでは?

二十世紀の大東亜戦争。そこで日本人が見せた同胞への苛烈、残酷。この戦史をひもとく時、日本人の暴力性を認識せざるをえません。その時、日本人のアーキタイプとして、おとなしい近世イメージでなく、荒々しく無法な中世イメージが浮かびあがります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事