お金の仕組みを学ぼう!

お金はどこから来ている?

この世に流通している、お金。そのお金は、どこから来ているのでしょうか? 一般的には、お金は発券銀行である日銀が発行し、それを銀行が貸し出し、市中に出回ると考えられています。

けれど最近、主張されているMMT理論では、そうは考えません。MMT理論によると、お金は、私たちが借金をする時、つまり銀行からお金を借りる時に作られると考えます。お金は日銀が作っているのでなく、銀行が人々にお金を貸した時に作られるということ。

確かに、紙幣発行は、日銀の仕事。けれど私たちが日常で手にするお金の量は、ほんのわずか。お買い物もカード払いが多く、アマゾンなどeコマース利用の場合、お金の情報だけがやりとりされます。現金は関わりません。家、車を買うなど一定額を動かす時も同じで、札束で払う人はほとんどいないでしょう。

私たちが銀行からお金を借りる時、銀行が私たちの口座にお金の情報を打ち込みます。これで、お金が発生します。MMT理論によると、現代のお金はコイン、紙幣というより「情報」。この仕組みを理解すれば、経済にとって、借金がどれほど大切な出発点かが分かるでしょう。

そう。借金は悪ではなく、経済循環の出発点。言い換えれば、誰も借金しない社会は、お金が生み出されず、経済が停滞する社会。今の日本、そうなっていませんか?

誰かの借金は誰かの所得

一般的に、借金は悪いことと考えられています。確かに、返す当てのない借金は、してはいけません。けれど、その一方で、誰かが借金することで、お金が発生します。そのお金は、借りた人のところにじっとしていることはなく、必ず他人のところに行きます。そのために借金したのだから。

投資のため、あるいは支払いのために、人は借金します。その借金によって、お金が発生し、誰かの所得になります。借金こそ、お金が発生し、経済が循環する第一歩。何度も繰り返しておきましょう。

国債は政府の借金

日本国債の累積残高は、一千兆円をゆうに超えています。けれど、これにしても、政府の借金は国民の所得。現に日本政府の借金が積みあがると反比例で、個人の預貯金額は増えています。政府の借金が個人の所得、あるいは企業の所得になっています。

しかも、政府は永続することを前提としますから、個人のように、期限までに返さなければならない、ということはありません。利払いできる限り、国際は借り換えが可能。もちろん、債権者がその借り換えに応じれば、の話です。

日本国債の債権者で、今すぐ元利合わせて返還するように求める大規模な経済主体は、ほとんどいません。しかも日本国債の買い手は、90%以上が日本人、または日本企業。すぐに返せと言ってこないのです。だから今、日本国債は安全な資産。日本国債は危ないというメディア報道の一方、日本国債は品薄で、飛ぶように売れています。

日本国債の発行残高を気にする必要はない

借金からお金が発生します。借金こそ、経済循環の第一歩。ましてや民間に活力がない場合、政府の借金は国民の所得を増やすという重要な役割を果たします。日本は平成になってから、三十年以上のデフレ。そう簡単に長期金利が上昇する状況ではありません。今は国債発行残高を気にする時ではなく、むしろ政府がどんどん借金をし、市中に資金を流し続けるべき時です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事