社会人にとっての英語学習

生徒募集の時期、来ました!

2021年夏が近づきつつある今、ゆめラジオ英語オンラインでも、夏休み生徒募集の時期となりました。大学入試を控えた中高生だけでなく、社会人の受講数、増えてきました。そこで今回は、社会人にとって英語学習はどうあるべきか、みなさんと考えてみましょう。

社会人は中高生より速く学べる

社会人は既に日本語を使いこなし、仕事もしている方々。国語、社会あやふやな中高生とは違います。この世の仕組みに慣れていると、英文も理解しやすい。たとえば中高生への説明で一苦労の「インフレーション」。社会人には、たいてい説明不要。

吸収力については若い子が有利じゃないか、という意見もありますが、それも状況しだい。学校で何となくやらされている、親に言われたからやっている、そんな中高生より、目標が明確、意識も高い社会人の方が、よほど吸収しやすい。

曜日、時間帯が大事

仕事しながらの社会人学習の場合、いつ学習するかがポイント。疲れている平日夜はお勧めしません。土日、あるいは平日に時間とれるなら午前中が望ましい。朝10時あたりから始まる学習こそ、語学にはベスト! フレッシュなうちにサッと詰め込み、宿題ドッサリ出してもらって、一週間でそれをこなし、次週授業に備える。社会人なら、これくらいできるでしょう。

文法から入るべし

社会人が英語を習いたいと言う時、即戦力を考えるのではないでしょうか? すぐに使える英語、つまり会話力。世にあまたある、社会人向け駅前英語学校は、ほぼすべて会話。その広告は、うちに来れば話せるようになりますよ、とうたっています。

確かに、そんな学校に行けば、外人が出てきて、こちらが単語つなぎ合わせて何か言えば、うなずいてくれます。コミュニケーションした気にもなるでしょう。自分ってけっこうできるかな、みたいな。

文法なしに、会話なし

けれど語彙、文法を背景としない語学学習は定着しないし、レベルも上がらない。これは断言しましょう。

語彙が単位、文法が規則。単位と規則をおそろかにし、いかなるコミュニケーションも成立しません。日本語を考えれば分かること。一体、日本語の語彙少なく、文法もあやふやなままで、まともに話し、聞けるでしょうか? 駅前英語学校に通って力ついたという人の話を聞いたことないのは、そういうこと。

心を学校時代にリセット

英語を話せる人は学校時代に語彙、文法を叩き込まれ、読解、作文で研鑽し、リスニングを鍛え、スピーキングの場も与えられた人。

だから社会人として今、真に英語を身に付け、使いこなしたいなら、いったん心を中高生に戻し、あの頃の語彙、文法、読解、作文を学び直すべきです。

語彙が増え、文法が正しくなってきて、はじめてリスニングです。聞いて理解できるようになって、はじめてスピーキングです。リスニング、スピーキングに辿り着くまで、どうしても一、二年の準備期間が必要。中高で六年かけたわけで、あの頃より速いとはいえ、それくらいは覚悟しましょう。その覚悟なしに、社会人が英語を身に付けることは難しい。数カ月で英語ペラペラなんて、ありえない。

そう。社会人も学校時代のように、単語テストで定着を確かめ、英作文でスペルミスを矯正され、台本見ながらリスニングする、こういう地道な作業が必要です。

ワクワクするチャンス

再び学校時代に戻ること。よく考えれば、これは最もワクワクする経験ではないでしょうか? 海外旅行に行っても、一流ホテルで食事しても、その時で終わり。何も残らない。けれど心を青春時代に戻し、あの頃と違ったふうに英語を学ぶこと。心を若くし、世の中にもう一度、向き合うこと。自分の新しい可能性を今から作っていくこと。

ゆめラジオ英語オンラインでは、そんな社会人の方々の受講、お待ちしています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事